オリジナリティーあるおしゃれな名刺で自己PR

自分が何処の誰なのかといった自己紹介をたった一枚で相手に伝える事ができる「名刺」。出会ってから一瞬にして自分の印象を付けられる最高のツールです。そんな大切な名刺を作成する時には、相手に与えるインパクトや、どれだけ自分をアピールできるか、他と被らない変わったデザインで個性を出せるか。などを意識すると思います。
もちろんおしゃれな名刺こそ相手の記憶に強く残ります。ありきたりな名刺より、相手がつい読みたくなるような、目を向けたくなるような、おしゃれ感を出して視線を釘付けにさせる事はとても効果的です。ですが、気を付けなくてはならない事は、おしゃれさにこだわりすぎて自分が何をしている人なのかが埋もれてしまう事です。何を伝えたいのかが隠れてしまっていては意味が無くなってしまいます。おしゃれな中にも、自分の情報を相手の記憶に残す事を決して忘れてはいけません。「自分の名前」だったり、「自分が何をしていて何ができるのか」を解りやすいように名刺にしっかりと印刷しましょう。
そんなおしゃれな名刺作りは、自分でデザインしたり、業者に頼んでみたり、デザイナーさんに依頼してみたり方法は様々あります。どのような目的で自分の名刺を配るのかを考えていけば、デザインや形、記載するべきポイントなどは定めやすいと思います。名刺の形も一般的な長方形だけでは無く、おしゃれな形にするのも良いですね。オリジナリティーの溢れた名刺を作成し、最大に自分自身をPRすることで、チャンスを掴んでいきましょう。

デザイン名刺の導入でセンスアップ

今やビジネスもセンスが問われる時代になりつつあります。プレゼン資料にもデザインセンスが求められ、営業資料作成のためにデザイナーを雇っているという企業も少なくありません。そういったセンスを高めるためには、センスのあるものに囲まれることが大事だと言います。デザイナーにオシャレな人が多いのは、そういったセンスあるものを見る機会や刺激を受ける機会が多いからこそ、です。普段使っているツールもデザインの力で劇的に生まれ変わり、センスを底上げしてくれます。
たとえば最近流行しているデザイン名刺などがそうです。広告代理店ではデザイン名刺を使っているところも急激に増えています。デザイン名刺のデザインは印刷されるデザインにとどまりません。素材から違う場合もあります。また、名刺はカードという概念を覆しているものも多く見られ、3Dになっているものや開閉できる名刺など、様々な形状のものがあります。チョコレートの包装紙を開けると情報が記載されているお菓子メーカーの名刺など、デザインと属性がマッチしていると強く印象に残ります。
デザイン名刺は、視覚情報として相手や企業のことを印象づけるために役立っています。ネットで簡単に調べものができる時代だからこそ、相手に「引っかかる」名刺を作るメリットははかりしれません。デザインにビジネスと様々なセンスを磨くためにも、こういった名刺を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ビジネスシーンでもデザイン名刺は有効

主に名刺を使うのはビジネスシーンですが、ビジネスシーンにはデザイン名刺はふさわしくないと考えている方も多いようです。しかし、いざデザイン名刺をもらってみると、その考えがいかに浅はかだったと思います。名刺を整理していればイヤでも目につきますし、そして相手の印象がすぐに思い出されます。ついつい他の人に見せたくなることもありますし、それによって会話が生まれることもあります。ついつい他の人に紹介したくなるような人、ふと会話に上るような人、そういう人がどれほどいるでしょうか。
名刺一枚でそれが成されるならすごいことです。センスが光る名刺は、それだけで会話のネタになり、ビジネスチャンスになります。センスがない名刺は、話題にはなってもビジネスチャンスにはなりません。ビジネスシーンにはビジネスシーンにふさわしい名刺があります。そういう名刺は一発でわかります。
たとえば、化粧品メーカーの名刺では、花の香りのついた名刺などもありますし、印刷メーカーの名刺では角度によって表示内容が変わるものまであります。イメージや技術力をアピールする材料としてもデザイン名刺は機能するのです。ビジネスには合わないというのが、いかに誤解だったかがわかります。企業の中で名刺に活かせる発想や技術があれば、名刺に組み込んでみるのも良いのではないでしょうか。

注目記事

両手で名刺を持つ

遊び心でおしゃれな名刺に

皆さんは、おしゃれな名刺と言えばどのような名刺をイメージしますか?カラフルな色使いの名刺、英語…

左手で名刺を持つ

デザイン名刺と余白

名刺を一からデザインする機会は、そうそうないかもしれません。しかし、自分という個をアピールする…