デザイン名刺と余白

左手で名刺を持つ

名刺を一からデザインする機会は、そうそうないかもしれません。しかし、自分という個をアピールするのなら、名刺ほど多くの人に配布できて、印象に残りやすいものはありません。個性をできる限りアピールしながら、かつ相手に好印象を与えられるデザイン名刺について考えてみましょう。名刺デザインに不慣れな方がやってしまいがちなのが、余白に関して何も考えていないことです。
名刺なんだから情報はたくさん詰め込んでおいた方が良いだろう、と安直に決めていると、余白の問題が立ちふさがるのです。余白の全くない名刺は窮屈に見えますし、何より見づらいのです。多少は余白を用意してあげることで、見やすく洗練されたデザインを目指しましょう。
また、余白の使い方によっては、名前や会社名を目立たせることができます。周りに余白があるほどその文字は目立ちやすくなるため、その点を考慮しながら名刺を制作してみましょう。自分が最も見せたい個所を名刺でアピールできるはずです。社会人としての自分をアピールする絶好の機会なので、デザイン名刺の制作を検討されている方は余白に十分注意しておきましょう。そうしないと、なんだか間抜けなデザインの名刺が出来上がってしまうかもしれません。

注目記事

両手で名刺を持つ

遊び心でおしゃれな名刺に

皆さんは、おしゃれな名刺と言えばどのような名刺をイメージしますか?カラフルな色使いの名刺、英語…

左手で名刺を持つ

デザイン名刺と余白

名刺を一からデザインする機会は、そうそうないかもしれません。しかし、自分という個をアピールする…